気仙沼〜鹿折唐桑
津波の影響はありませんでした
震災から3年後を撮影
鹿折唐桑 上鹿折
(影響は無いですが、震災から3年後を撮影)
陸前矢作 竹 駒 陸前高田
脇ノ沢 小 友 細 浦
下船渡 大船渡 さかり
この地点は若干高い部分を走る区間で、車両が津波にのまれることを免れることが出来ました。ただ下回りエンジン・機械等は海水を被ったようです。
残念ながらこの車両の廃車が決定し7月の下旬に解体されました。

ただ、もう数秒遅く走っていたら・・・
 津波に飲み込まれてました・・・
津波に飲み込まれてました・・・
大船渡魚市場付近で停車した大船渡駅14:45発一ノ関行き
 
平成23年3月11日東日本大震災が起こりました。
三陸地方を中心に各地で壊滅的な被害を受けました。

被害を受けられた皆様には心からお見舞い申し上げます。


大船渡線も気仙沼〜盛間において壊滅的な被害を受け、鉄道の運転再開には相当な時間を要すると思います。
その為、BRT(バス高速輸送システム)で一部専用道で仮復旧しています。

平成25年9月4日JR大船渡線復興調整会議が開催され、脇ノ沢〜細浦間の高台移設案がJRから提示されました。
こちらをクリック 河北新報のサイトへリンクします

陸前高田市議会では県に路線を買い取ってもらい、三陸鉄道で運考案もでたそうです・・・


大船渡線の被害状況です。
路盤の土砂が崩れていました。奥に車両が止まってます。
もう約1分少し早く進んでいたら・・・
 一ノ関側から  盛側から
14:45大船渡駅を出発し一ノ関に向け、列車は出発しました。
その後大津波警報が発令され、大船渡魚市場付近で列車は停止し乗務員の迅速な対応により無事避難しました・・・
ご注意

この特集で使用している列車前方からの撮影は、当サイトで撮影したものを使用しております。

著作権は当サイトが所有いたします。

震災前

TOPへ

このページの写真は一部を除き平成23年3月12日に撮影したものです

気仙沼〜盛間 四季の写真

このサイトは東日本旅客鉄道(株)盛岡支社・気仙沼BRT営業所 ・観光協会とは関係ない私設サイトです


↑クリック

鹿折唐桑〜さかり間の津波被害記録です。
もう30秒遅く走っていたら・・・