鹿折唐桑駅

駅舎は平成23年3月11日の東日本大震災の津波により倒壊し、解体されました。

気仙沼駅から上鹿折駅区間は
ミヤコーバス唐桑金山線気仙沼駅前から上鹿折駅前間がJRBRT区間となります。

無人駅・BRT専用道区間

乗降がない場合は通過します。
ご注意ください

ご注意ください

平成27年3月14日より大船渡線BRT駅は鉄道と同じ場所に変わりました。

         上鹿折方面ミヤコーバス停留所は従来通り、鹿折唐桑駅前の県道に設置されています。
大船渡線BRT鹿折唐桑駅とのミヤコー観光バス上鹿折・気仙沼方面、鹿折唐桑駅は離れた場所に設置されています。途中かさ上げ工事をされている区間を歩きます。指定通路が設定されているので、指定通路を歩いてください。

時刻表
待合室  ○
ロケーションシステム  ○
(駅から徒歩5分前後を目安としています。)
駅前情報
 トイレ  ○ 公衆電話   ×  お店・コンビニ  ○コンビニ  銀行・
信用金庫
  ○コンビニATM
 タクシー   × 駅前食堂  ○チェーン店のラーメン店  薬店        ×  郵便局   ×
 ◎ 駅・駅前にある   ○ 駅から徒歩5分前後にある   × 駅周辺にない
駅情報  平成29年 3月更新
駅前周辺情報  平成29年 3月更新
沿線情報  平成29年 3月更新
鹿折唐桑駅の震災前の情報はこちらから  震災区間情報

★ かき小屋 唐桑番屋  (季節営業)

2012年の4月にオープン。東日本大震災で唐桑産のかきも壊滅的な被害を受けたが、「復興カキオーナー制度」などの支援を受け、運営者が育てた自慢のかきを
堪能することが出来る。

観光
サイト案内
印はバス・タクシーなどの交通機関が必要な場所
駅にタクシーは常駐していないので、呼び出しが必要

詳しくはこちらから  かき小屋 唐桑番屋案内

沿線情報

気仙沼・陸前高田・大船渡方面

上鹿折方面停留所

ご注意

被災地は復興に向けての工事が行われており、毎日状況が変化する場合がございます。
観光協会・市役所など最新の情報をご確認の上、お出かけください。
特に鹿折唐桑駅周辺は被災地区で復興工事が行われており、工事作業のトラックが頻繁に走っておりますので、気をつけてください

★ 唐桑半島

リアス式海岸の特有の複雑な入り江や海蝕によってできた海岸線が多いことで有名。「巨釜半造」や「御崎」からは遊歩道があり太平洋を一望できたり津波歴史館(有料)漁火パークなど楽しめる施設が沢山あります。タクシーでの1〜2時間の観光コースもある。料金は5000円〜10000円位。詳しくは運転手さんと交渉。

  地図など詳しくはこちら   気仙沼観光プラス!  唐桑地区

               

★・巨釜・半造 (おがまはんぞう)

唐桑半島の中部東側にる海岸線で、海岸線は「巨釜」と「半造」とに分かれ、行き方も途中で二手に分かれる。地名の由来は、大きな釜の中でお湯が煮えたぎっているような「巨釜」と海の資源が豊富なことから、「繁昌」が訛って「半造」と言われるようになったと伝えられる。

「巨釜」の方には大理石でできた奇岩「折石(おれいし)」があり、唐桑半島のシンボルとなっている。元々先端部分がもう少し高かったが、明治29年の三陸大津波の際に、先端が2mほど折れたことから、その名がついている。「半造」の方には、柳田國男の文学碑や、「潮吹岩」などがあり、奇岩でできた地形と美しい太平洋を一望できる。巨釜・半造は遊歩道でつながっており歩いて散策することができる。

(写真は上は潮吹岩  下は折れ石)

このサイトは東日本旅客鉄道(株)盛岡支社・気仙沼BRT営業所・観光協会とは関係のない観光情報の私設サイトです。  
サイトの趣旨をご理解頂き、掲載許可・ご協力頂いた皆様に心からお礼申し上げます。

施設・お店の都合で掲載内容とは変わる場合がありますので、問合せをしてからお出かけされることをお勧め致します。

当サイトを利用して万が一お客様が損害等を受けた場合、損害に対する賠償やその他いかなる苦情、請求に関して当サイトは一切責任は負いません。
当サイトの利用は全てお客様の責任にてご利用願います。ご旅行の参考資料としてご覧いただければと思っております。   当サイト利用規定・免責 ←クリック

★・大理石海岸

唐桑半島の付け根部分である国道45号線沿いの岩手県側にある大理石層を中心として出来ている海岸。駐車場の案内板を基点に南北それぞれ歩いて散策することが出来る。北側八幡神社を通るコースは遊歩道を通じてとなりの舘漁港までつながっており、せり出した岩やそこに根を下ろす樹木にも注目。南側石切場を通るコースは、少々狭い小道を通るコースだが、その先には、大理石層の岩場に出ることが出来、岩礁にはウミユリ等の化石が露出している。明治時代、この地の大理石に注目した浅野セメントの創始者浅野総一郎氏がこの地から大理石を切り出して運ぶ事業に乗り出したが、船の着岸が困難であったため、やむなく事業は半ばで断念したと云われる。今でも彼らが切り出した岩が残されており当時をしのばせる。一説には、ここから切り出された大理石が東京三越本店の玄関前にあるライオン像の台座の礎石に使用されたといわれている。

 

 問い合わせはこちらから 気仙沼市役所 産業部観光課