猊鼻渓駅

無人駅

ワンマン列車乗車するときは
先頭車両の後のドア
から乗車し乗車証明書を取ってください

★ 6・子安観音(マリア観音)

 江戸時代隠れキリスタンが信仰の対象として人里離れた洞窟に聖母マリア像を安置し密かに拝礼していたといわれている。

  駅から 2.9KM 徒歩44分位

 問い合わせ 東山町観光協会 Tel0191−47−4525

2・紙すき館 (げいび渓入り口にある)

 平安時代末期平泉藤原文化の遺産、「東山(とうざん)和紙」。800年の伝統を受け継いでいる。紙すきの実際体験も出来る。(有料) 

詳しくはこちらへ 紙すき館公式HP

 駅からから300M 徒歩約5分

あじさいの季節のみ期間限定の開園となっている。約15haの山林に約200種・約2万株のあじさいがあり約1.5KMの遊歩道が整備されており、日本一のあじさい園とされている。途中に休憩所もありのんびり散策が楽しめる。
杉山の中に咲いていますので、来園の際は歩きやすい服装でお越しください。
げいび渓舟下りを楽しんだ後はあじさい園などいかがでしょうか?

猊鼻渓駅からは約5Km離れています。移動は岩手県交通のバスがげいび渓入り口から走ってます。タクシーはげいび渓から約1500〜1800円くらい

岩手県交通「げいび渓線」乗車げいび渓から「水上」で下車。約10分
水上バス停から約1KM・徒歩約15分(上り坂です)
隠れた人気商品

8・脳あめ

 「一口なめるとひとつの知恵が授かる」という学問の祖道真公夫人ゆかりの飴。縁起物として受験生などのおみやげとして人気がある東山町2ケ所だけで販売しているあめ。)

 問い合わせ 東山町観光協会 Tel0191−47−4525

4・唐梅館総合公園

 遊歩道があり野鳥観察などをしながらファミリーハイキングが楽しめます。その他テニスコート、野球場、体育館などがある。

 駅から1.8KM 徒歩約27分位

 問い合わせ 東山町観光協会 Tel0191−47−4525

ご当地ヒーロー

1・名勝・げいび渓舟下り

 全国で唯一往復といわれている手漕ぎでおよそ2KMの渓流を船頭の歌う「げいび追分」を聞きながらゆっくりと舟下りが楽しめる。食事はレストハウスお勧めメニューの十割そば

 詳しくはこちらへ げいび観光センターHP
 駅から300M 徒歩約5分

 トイレ   ◎ 公衆電話     お店・
コンビニ
○ 駅を出て右へ24時間コンビニ  銀行・
信用金庫
  ○駅を出て右へ24時間コンビニATM
 タクシー 但し時間帯による 駅前食堂  ○駅を出て右へ5分程度食堂有り  薬店 ○駅を出て右へコンビニの向かいにドラックストア  郵便局 ○コンビニ向かいのGSを右折  
 ◎ 駅・駅前にある   ○ 駅から徒歩5分前後にある  × 駅周辺にない

詳しくはこちらから みちのくあじさい園公式HP

(駅から徒歩5分前後を目安としています。)
印はバス・タクシーなどの交通機関が必要な場所
このサイトは東日本旅客鉄道(株)盛岡支社 ・観光協会とは関係のない観光情報の私設サイトです。
サイトの趣旨をご理解頂き、掲載許可・ご協力頂いた皆様に心からお礼申し上げます。

施設・お店の都合で掲載内容とは変わる場合がありますので、問合せをしてからお出かけされることをお勧め致します。

当サイトを利用して万が一お客様が損害等を受けた場合、損害に対する賠償やその他いかなる苦情、請求に関して当サイトは一切責任は負いません。
当サイトの利用は全てお客様の責任にてご利用願います。ご旅行の参考資料としてご覧いただければと思っております。   当サイト利用規定・免責 ←クリック


駅前情報
サイト案内

★ 7・菅公夫人の墓

 学問の神様菅原道真公の夫人が胆沢郡に流されてきた菅公夫人の墓といわれる史跡

 駅から 9KM 車で約12分 タクシーで約3000円位

 問い合わせ 東山町観光協会 Tel0191−47−4525

★ みちのくあじさい園  (季節限定開園)

★ 5・幽玄洞

 3億5000万年の地歴を誇る鍾乳洞 

 詳しくはこちら 幽玄洞HP

 駅から 2.5KM 徒歩38分位

沿線情報

3・宮沢賢治の碑

 新山公園内にある石碑。宮沢賢治が晩年勤めた「東北砕石工場」との縁で建てられた。羅須地人協会跡の「雨ニモマケズ」詩碑についで、2番目に古い碑らしい。ここから東山の町を眺めることが出来る。

駅から1.3KM 徒歩約20分位 新山公園内から
唐梅館総合公園へ行くこともできる。

 問い合わせ 東山町観光協会 Tel0191−47−4525

駅前周辺情報  平成29年 3月更新
沿線情報  平成29年 3月更新
六魂戦隊 ゲイビマン

「日本百景 名勝げいび渓」から誕生した六魂戦隊 ゲイビマン。
平成20年に誕生し、第1回ご当地キャラクターコンテストで3位を受賞する
豊かな町は豊かなこころから・・・それがゲイビマンの願いです」の願いを込め、
地域の活性化、子供達の楽しい環境をサポートする為に日夜戦い続ける。

 詳しくはこちらから ゲイビマン公式HP
観光