大船渡線沿革

大船渡線のルーツは明治時代に計画された「磐仙鉄道構想」が、その始まりです。日本の鉄道は、明治5(1872)年に新橋〜横浜間が開通したのを皮切りに、以来、日本の資本主義経済を陰で支えてきました。大船渡線建設の気運が起こり始めたのは明治24(1891)年に現在の東北本線の上野〜青森間が開通した頃と言われています。この頃になると各地で支線計画が立てられるようになりますが、「磐仙鉄道構想」もそのような中で一部有志らによって明治25年頃から気運が高まり、敷設運動が展開されたと言われます。計画は相次ぐ日清・日露戦争や資金不足などで何度も頓挫しましたが、大正7(1918)年に原敬内閣が成立すると地方鉄道の建設は急速に進み、大船渡線も大正9(1920)年に測量に着手され、建設が始まりました。

大船渡線の歴史を語る上で避けて通れないのが「ナベヅル線」の背景です。それは建設過程で陸中門崎から北に向きを変え、陸中松川で東に曲がり、摺沢から南に下り、千厩で再び東に曲がるという鍋ヅルのような格好からその名が付けられたもので、建設当時の二大政党(政友会、憲政会)の政争の綱引きの結果と言われています。たとえばそのまま摺沢から気仙沼に行くとすれば、室根山があり、陸前高田に行くとなると笹ノ田峠があるので千厩に戻るのが技術的にも容易だったのだと考えます。

大船渡線は路線の90%が勾配となり、トンネルは23ヶ所、鉄橋は約200ヶ所となったため、工事は難航を要しました。建設着手から全線開通までの16年の間には、大正13(1924)年4月3日に真滝〜陸中門崎間の北上川架橋工事で3人が水死する事故が起こり、また上鹿折〜陸前矢作にかけての飯森トンネル工事は、峠を突き破るという難工事で、軟弱な断層にぶつかり、日夜苦闘の工事が進められました。そのような中、昭和7(1932)年54日、工事に従事する日本人作業員が朝鮮人作業員の飯場を襲う乱闘事件(矢作騒擾事件)が起こり、死者3名を出しました。大船渡線の建設はこのような大きな犠牲のもとでの建設となりました。

 

まず・・・どうして大船渡線は「ドラゴンレール」と言う愛称がついたか?

 
 

1925年 7月26日

 一ノ関〜摺沢間30.6Km開業

1927年 7月25日

 千厩間39.8Km開業

1928年 9月 2日

 折壁間49.7Km開業

1929年  7月31日

 気仙沼間62.0km開業

1932年  3月19日

 上鹿折間69.5Km開業

1933年  2月15日

 陸前矢作間79.5km開業

1933年12月15日

 細浦間97.1km開業

1934年  9月 3日

 大船渡間103.1km開業

1935年  9月29日

 盛間105.7.km開業

1956年 4月11日

 貨物支線 気仙沼〜気仙沼港間開業

1962年 5月15日

 柴宿開業

1966年12月 1日

 岩ノ下開業

1983年 3月11日

 盛〜大船渡間貨物営業廃止

1984年 2月 1日

 大船渡〜陸中松川間貨物営業廃止

1986年11月 1日

 猊美渓駅開業・鹿折から鹿折唐桑に名称変更。

1991年 

 秋から順次新型車両キハ100に置き換え

1992年

 大船渡線営業所設置 一般公募でト゛ラコ゛ンレールの愛称が決まる 

1999年 4月 1日

 陸中松川〜一ノ関間貨物営業廃止

2005年 9月
 大船渡線全通70周年
2011年 3月11日
 東日本大震災により全線不通の状態になる
2011年 4月 1日
一ノ関〜気仙沼で運転再開
2011年 4月 7日
東日本大震災の余震の影響で再び全線不通
2011年 4月17日
一ノ関〜気仙沼で運転再開
2012年 4月
JR東日本・JR四国・JR貨物の共同プロジェクトとしてJR四国のアンパンマントロッコ列車を気仙沼〜猊鼻渓間で合計5日間運転
2012年10月 4日
気仙沼〜盛間をBRTによる仮復旧で沿線自治体と合意
2012年12月22日
大船渡線で使用していた車両を改造し「POKEMON with YOUトレイン
の運転開始
2013年 2月 1日
「気仙沼線BRT営業所」が大船渡線BRTも管轄する事になり、「気仙沼BRT営業所」に変更
2013年 3月 2日
気仙沼〜盛間がBRTによる仮復旧で運転再開
長部駅・高田病院駅開業 (専用道は大船渡〜盛)
2013年 7月13日
臨時駅として奇跡の一本松駅開業
2013年 9月28日
専用道が竹駒周辺・小友〜盛間に延長
碁石海岸口駅開業
2013年 9月
大船渡線営業所 廃止
2014年 1月14日
一ノ関〜気仙沼の鉄道区間で「大船渡線ロケーションシステム」使用開始
2014年 4月17日
観光型BRTの運転開始
2014年 8月 4日
大船渡駅周辺の専用道が大船渡駅周辺土地区画整備事業により、
一般道に変更
2014年10月 1日
奇跡の一本松駅を常設駅に変更
2015年 3月14日
高田高校前駅開業
2015年 9月
大船渡線全通80周年
2015年12月 5日
大船渡魚市場前駅開業
2015年12月25日
気仙沼〜盛間をBRTによる本復旧を沿線自治体が合意
昭和30年代大船渡線に臨時駅があった  ここをクリック

このサイトは東日本旅客鉄道(株)盛岡支社  ・気仙沼BRT営業所とは関係ない私設サイトです。


TOPへ
大船渡線の沿革
平成4(1992)年の大船渡線営業所発足時に大船渡線の愛称を募集したところ、721通の応募がありました。

応募当時「ドラゴンボール」と言うアニメが流行っていて、大船渡線の全線の線形が龍に似ているということ、気仙沼や陸前高田に龍にまつわる伝説があることから、当時小学生が応募したマンガのタイトルをもじった「ドラゴンレール」という愛称が付けられ親しまれています。